VMware


Home
/ トレーニング・教育・認定資格

VMware認定資格 受験方法、合格後の手続き、注意事項

 

  概要 資格 トレーニング    
  2016年秋開催VCIX6合宿ご案内  
 
 
 

VCIX6資格者ご紹介

〜 VMware認定のエキスパート資格、VMware Certified Implementation Expert 6 - Data Center Virtualizationをいち早くご取得 〜
『合宿への参加が、試験に直接的に役立ったことは間違いありません。』

新日鉄住金ソリューションズ株式会社
ITインフラソリューション事業本部

田中 佑樹たなか ゆうき 様

○ 担当業務・専門分野
vSphere 環境、サーバ、ストレージ関連を専門分野として、現在は弊社が提供するクラウドサービスの運用業務、
特に技術的難度の高い部分での課題解決や設計・検証・実装などを主として担当しています。

○ どのような案件に携わっていたのか
vSphere 製品に関する案件では、利用者の立場だけでなく、これまで設計・構築・管理・運用の全フェーズに携わってきました。サーバ 900 台規模の仮想環境移行案件や、ESXi の 700 台規模の運用も経験しています。

○ 合宿がどのように役立ったのか
得点に直結する解答テクニックや ナレッジベースの紹介などが豊富で、試験に直接的に役立ったことは間違いありません。ラボ環境で実機に触れながらの学習ができたことも、理解の助けになりました。
試験対策のみならず純粋に製品知識という側面でも、vSphere 製品の設計にあたっての考え方が順を追って展開されていくため、設計や構築に携わっている方々には、業務でも大いに役立つ知見が得られるものと思います。最近、社内向けに vSphere 環境の設計ガイドを執筆する機会があり、その時には合宿で得た知識が非常に役立ちました。
加えて、他の参加者とのディスカッションが非常に有意義だったと感じます。全員が各社を代表する技術・知識をお持ちの方でしたから、製品機能を実際に現場で使う際の考え方やノウハウなど、表面的な理解に留まらない知見が得られました。

○ 試験合格のTips
一般的に言われる、出題形式の理解、時間配分と解き方の事前検討は、この試験でも有効です。
また、実際の解答にあたっては、合宿のテキストや例題と模範解答が強力な自己学習のリソースとして役立ちました。一般提供前のベータ版試験を受けたため、事前情報が全く無い状態でしたが、合宿中に提示された解答テクニックや ナレッジベース を振り返ることは、即効性のある試験対策として非常に有効だったと感じます。

 

VMware 認定資格 Version 6 ロードマップ

New! VMware 認定資格 Version 6 試験提供開始!詳しくはこちら(pdf)をご参照下さい。
役割
レベル
Software-Defined Data Center
DTM
データセンターの仮想化
クラウド管理と自動化
ネットワークの仮想化
デスクトップの仮想化とモビリティ管理
Solution Design Architecture
VMware Certified Design Expert
VCDX6-DCV
VCDX6-CMA
VCDX6-NV
VCDX6-DTM
Implementation
VMware Certified Implementation Expert
VCIX6-DCV
VCIX6-CMA
VCIX6-NV
VCIX6-DTM
Administration
VMware Certified Professional
Business IT
VMware Certified Associate

VCP、VCAP受験費用を割安に。VMwareラーニングクレジット!

(ラーニングクレジットの概要、購入のメリットはこちら(pdf)をご参照下さい)

各種VCP受験、およびVCAP受験には、ラーニングクレジットの活用がお得です。
VCP受験料(17,960円~21,120円)  ※参考価格 ピアソン価格 31,595円
VCAP受験料(35,920円~42,240円) ※参考価格 ピアソン価格 56,169円

ラーニングクレジットによる受験手順
※①でPOをお送りいただいてから②を開始いただけるまで、通常1-2営業日ほどかかります。その後、②と③はすぐに完了いただけます。

 ①ラーニングクレジット購入のため、ご注文書(PO)をjapan-edu-order@vmware.comへ送付

 ②こちらの資料(PDF)をもとにクレジットをアクティベーション(有効化)

こちらの資料(PDF)をもとに、購入したクレジットを受験バウチャーへ変換

 ④通常通り、「VMware認定資格受験方法(PDF)」に従って受験(ピアソンのウェブサイトにて、③で変換したバウチャー番号を
入力いただき試験の支払を完了します。)



VMware認定資格の受験方法

VMware 認定資格の ホームペ(英文)にアクセスし、画面付き手順書に従い受験手続をしてください。
認定後、ウェブでの認定証(e-Certificate)のダウンロードが可能になります。

受験から認定の流れは以下になります。詳細は上記資料にてご確認ください。
  1. VMwareのサイト(英文)にて、受験意思を表明します。(30分以内に、ピアソンVUEのサイトと同期され、ピアソンVUEのサイトにて受験予約できるようになります。)
  2. 上記作業の30分後、ピアソンVUE のサイトにアクセスして、試験を予約します。
    (注意:ピアソンVUEのIDは、VMware資格専用のIDが必要です。他社資格で使用しているIDのみをお持ちの方は、新規にピアソンVUEのIDを作成してください。)
  3. 合格後、以下の「VCP 合格後の確認について」を参考に、認定証を(e-Certificate)をダウンロードしてください。
    (VCAPの一部の試験(VCAP-DCAなど)では、合否発表まで一ヶ月ほどかかる場合がありますので、予めご了承ください。)
VCP 合格後の確認について

試験関連の注意事項
認定の前提条件を満たしているかを判断するため、コース終了時に入力していただくCourse Evaluationの氏名およびEmailアドレスと、 VCP受験時にピアソンVUEで登録される氏名およびEmailアドレスが照合されます。従って、コース受講時とVCP受験時には必ず同じ内容で登録してください。合致しない場合、前提条件を満たしていないとみなされ試験に合格してもVCPとして認定されません。
弊社とパートナー契約を締結いただいている会社に勤務されている方は、パートナー様専用サイト( パートナーセントラル)との紐付けをするため、 必ず会社のEmailアドレスで登録してください。個人のEmailアドレスでVCP認定された場合、会社のVCP取得者人数としてカウントされません。
受験して不合格だった場合は、7日間経過後に再受験が可能になります。例えば、10月5日(金)に受験し、不合格の場合は、10月13日(土)から再受験可能となります。
VMware 認定資格(VCP、VCAP)を目指される場合は、それぞれの資格により受験の前提条件(受講必須コース、受講推奨コース)がありますので、
予めご確認のうえ、全体のトレーニングカリキュラムを策定してください。

 

VCP-DCV資格事例 NTTネオメイト様


VMware認定資格VCP5-DCV 200名の認定を実現!
日本トップレベルの「仮想化エンジニア集団」としての実力を証明!

NTTネオメイト様は2011年より、中長期的な方針として、VMware製品を軸とした仮想化エンジニアの育成に力を注ぎ始められました。 人材育成チームにとっては、新たな事業領域の拡大に向け、高レベルな人材育成を達成することが使命となりました。

VMware認定資格VCP5-DCVは、世界共通に認識された「仮想化エンジニアのパスポート」の役割を果たしており、対外的な視点でエンジニアの実力を証明するために有効です。そのため、NTTネオメイト様は、vSphere ICMトレーニングの提供のみならず、認定資格の取得までを推奨していくことをもって仮想化エンジニアの育成を計画されました。

2013年からNTT西日本グループ向けに国内最大級となる3.5万台のデスクトップ仮想化を実現することで、仮想化エンジニアの更なる技術力向上を図られました。
また、グループ向け仮想デスクトップ提供で培ったノウハウを活用し2013年10月からお客さま向け「AQStage 仮想デスクトップサービス」の提供を開始されています。

今後は、クラウドビジネスの更なる拡大を図るべく、仮想化エンジニアの育成をめざし 続けると共に、得意分野である「ネットワークの仮想化」(NSX)の人材育成をご計画されています。



 

VMware Certified Professional (VCP)- VMware 認定プロフェッショナル

VCP認定資格の再認定制度が設定されました。詳細はこちらをご参照下さい。 Important!!

VMware ソリューションの導入・ 展開のための技術を有することを認定するもので、VMware の世界共通の資格です。VCP 認定資格は、vSphere 4 に対応する資格(以下 VCP4)と vSphere 5 に対する資格(以下 VCP5)があります。
VCP 取得を目指される場合、VMware vSphere: Install, Configure, Manage 等のトレーニング受講が前提となります。

VMware Certified Professional 5 – Data Center Virtualization (VCP5-DCV)認定資格取得のステップ
( 2014年10月現在)

現在の認定取得済みレベル

トレーニングコース

受験対象試験

受験お申し込み

これから VMware Data Center 仮想化の技術を習得される方
(現在有効なVCP資格をお持ちで無い方)

(受講必須)
以下のトレーニングコースのいずれかを受講完了する必要があります。
VMware vSphere: Install, Configure, Manage [V5.x]
VMware vSphere: Optimize and Scale [V5.x]
VMware vSphere: Troubleshooting [V5.x]
VMware vSphere: Fast Track [V5.x] (日本開催予定無し)
VMware vSphere with Operations Management: Fast Track [V5.1] (日本開催予定無し)

以下のトレーニングコースのいずれかを受講完了する必要があります。
VMware vSphere: Install, Configure, Manage [V5.x]
VMware vSphere: Optimize and Scale [V5.x]
VMware vSphere: Troubleshooting [V5.x]
VMware vSphere: Fast Track [V5.x] (日本開催予定無し)
VMware vSphere with Operations Management: Fast Track [V5.1] (日本開催予定無し)

VCP5-DCV 試験
参考価格:31,595円(税込)※

受験方法をご参照の上、こちらよりお申し込み下さい。

現在有効なVCP資格をお持ちの方

(受講推奨)
VMware vSphere: What's New [V5.x]

VCP5-DCV 試験
参考価格:31,595円(税込)※

受験方法をご参照の上、こちらよりお申し込み下さい。

VCP4-DCV 認定未取得で、かつ以下のトレーニングを受講済みの方
VMware vSphere: Fast track [V4.x] VMware vSphere: Advanced Fast Track [V4.x]
VMware vSphere: Automation Fast track [V4.1]
VMware vSphere: Install, Configure, Manage [V4.1]
VMware vSphere: Troubleshooting [V4.x]

(受講必須)
VMware vSphere: What's New [V5.x]

VCP5-DCV 試験
参考価格:31,595円(税込)※

受験方法をご参照の上、こちらよりお申し込み下さい。

※2016年3月現在の価格です。変動します。現在の価格は、受験お申し込み時に、ピアソンVUEのサイトにてご確認いただけます。

VMware Certified Advanced Professional (VCAP) -
VMware 認定上級プロフェッショナル

VCP を取得された方が、さらに上級の技術知識を保持されていることを認定するものです。試験範囲に関しては、VCAP 試験概要(blueprint)に記載されています。
VCAP 試験には、演習環境でのツールの使用、各種コマンドの入力等が含まれます。VCAP 受験には、VCP 認定が前提条件です。現在、VCAP には以下の資格があります。

- VMware Certified Advanced Professional 5 - Data Center Administration (VCAP5-DCA) 認定資格
- VMware Certified Advanced Professional 5 - Data Center Design (VCAP5-DCD) 認定資格

各資格取得のステップをご確認の上、以下リンクをご参照の上、お申し込みください。

VMware Certified Advanced Professional 5 - Data Center Administration (VCAP5-DCA)認定資取得のステップ

現在の認定取得済みレベル

トレーニングコース

受験対象試験

受験お申し込み

現在 VCP5-DCV 、 VCP5-DT もしくは VCP-Cloud 認定を取得済みの方。

(受講推奨)
VMware vSphere: Optimize and Scale [V5.x]

VCAP5-DCA 試験
参考価格:56,169円(税込)※

受験方法をご参照の上、こちらよりお申し込み下さい。

現在 VCAP4-DCA 認定を取得済みの方

(受講推奨)
VMware vSphere: What's New [V5.x]

VCAP5-DCA 試験
参考価格:56,169円(税込)※

受験方法をご参照の上、こちらよりお申し込み下さい。

(注意) VCAP5-DCA 試験は英語のみです。日本語試験はありません。

VMware Certified Advanced Professional 5 - Data Center Design (VCAP5-DCD) 認定資格取得のステップ( 2014年10月現在)

現在の認定取得済みレベル

トレーニングコース

受験対象試験

受験お申し込み

現在 VCP5-DCV 、 VCP5-DT もしくは VCP-Cloud 認定を取得済みの方。

(受講推奨)
VMware vSphere Business Continuity and Disaster Recovery Design [V5.x]

VCAP5-DCD 試験
参考価格:56,169円(税込)※

受験方法をご参照の上、こちらよりお申し込み下さい。

現在 VCAP4-DCD 認定を取得済みの方

(受講推奨)
VMware vSphere: What's New [V5.x]

VCAP5-DCD 試験


参考価格:56,169円(税込)※

受験方法をご参照の上、こちらよりお申し込み下さい。

(注意) VCAP5-DCD 試験は英語のみです。日本語試験はありません。

20163月現在の価格です。変動します。現在の価格は、受験お申し込み時に、ピアソンVUEのサイトにてご確認いただけます。
 
 
     

© Copyright 2015 VMware, Inc. All rights reserved.
問い合わせ ご利用条件 プライバシー アクセシビリティ サイト マップ ヘルプ
VMware 製品 サポート コンサルティング パートナー 企業情報 My VMware Community Store